u29

FOOD SAFETY食の安全

食の安全に対する u29 のこだわり

  • 一般的に多く普及しているサラダ油(キャノーラ油、ひまわり油等々)その他の植物油(ほとんどはオメガ6脂肪酸)やDHA, EPAなどの魚油(オメガ3脂肪酸)は多価不飽和脂肪酸(PUFA)です。
    これらは一般的に健康に良いとされていますが、空気に触れると容易に酸化します。
    また、高温加熱によりトランス脂肪酸に変化するものもあります。
    これらの酸化した油は勿論のこと、酸化していなくても体内で終末過酸化脂質(ALEs)となり、身体を形作っている細胞のたんぱく質を変性させ炎症が起こります。
    またその過程で毒性のあるアルデヒドが生成され、これも炎症の原因になります。
    食物から摂取したPUFAの過剰部分は体脂肪として蓄積されますが、血液中の糖分が不足するとエネルギー源として利用されます。
    ですが、PUFAをエネルギー源として代謝する過程でもアルデヒドが生成され、さらには過剰な活性酸素・活性窒素も生成されます。
    この状態が続くと、最終的には細胞内のミトコンドリアが破壊され、深刻なダメージを負います。
    これらの事象が体内のどこで起こるかによって、がん、糖尿病、アルツハイマー病、自己免疫疾患、アレルギー性疾患などの様々な慢性疾患の原因になります。
    現代人が患っている様々な慢性疾患が、植物油を使い始めて以来増えているのは歴史的な事実です。【u29 ユニーク】では揚げ油には高温でも酸化しない飽和脂肪酸であるラードを、炒め油には酸化しづらいオメガ9脂肪酸であるオリーブオイルを、ドレッシングにはオリーブオイルと、脂肪燃焼を促進するMCTオイルを使用しています。飽和脂肪酸には「悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化の原因になる」をはじめ様々な悪評がありますが、それらは全て食べ過ぎた場合の話であり、どんなものでも食べ過ぎは体に良くありません。そして、飽和脂肪酸はPUFAの様にミトコンドリアによる糖の代謝をブロックすることはなく、むしろ糖代謝をまわす働きをします。
  • トランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、スプレッド等)とは、常温で液体の植物油に水素を化合して固めた物質(石油からプラスチックを作るのと同じ)です。
    トランス脂肪酸は動脈硬化、虚血性心疾患(例えば冠動脈の閉塞・狭心症・心筋梗塞など)の発症と認知機能の低下の原因になることが明らかとなっています。
    諸外国ではトランス脂肪酸を禁止している国も多いのですが、日本では野放しでありスーパーの売り場でもバターよりも何倍ものスペースがマーガリンで占められていますよね。
    本当に由々しき問題です。
  • 食品添加物には様々な種類があり、厚生労働省により試験がなされ安全が保証されていますが、個々の添加物単独での検査であり、複数を同時に使用した場合の危険性は調べられていません。
    添加物の多くは化学合成された物であり、それらが混ぜられた場合、化学反応により毒性を持った化学物質に変化する場合があります。
    諸外国では禁止されている添加物も、日本では厚生労働省により認可されているケースが多々あります。
    全ての添加物が体に害を及ぼす物ではありませんが、少なくとも発がん性が認められているような添加物は使わないに越したことはありません。
    【u29 ユニーク】では可能な限り添加物を使用していない加工食品や調味料を使用しています。
  • グルテンフリーとは、小麦などに含まれるグルテンを摂取しない食事や食品のことです。
    グルテンはたんぱく質の一種であり、その強固な分子構造によりうどんのコシやパン生地の粘りをもたらしますが、同時に体内で消化し辛く腸壁を傷付けリーキーガットの原因になります。
    腸壁が傷つくと、本来は吸収しないはずの様々な毒性を持った物質が血液中に侵入します。
    これが、アレルギーや自己免疫性の疾患など(リーキーガット症候群)の原因になります。
    【u29 ユニーク】ではできるだけ小麦粉を使わず、米粉やおからパウダーで代用します。
  • 糖質OFFとは減量や糖尿病対策のために(実は実際に対策にはなっていないのですが)、糖質を制限するダイエット方法ですが、むやみに糖質を制限するのは健康に良くありません。
    なぜなら、人間の基本的なエネルギー源は糖であるからです。
    糖(ブドウ糖/グルコース)は人体が活動するために必須であり、正常な代謝状態では細胞内のミトコンドリアによってエネルギー源であるATPと二酸化炭素に代謝されます。
    ですが血液中の糖がなくなると、肝臓に蓄えられた脂肪や、脂肪細胞から前述のPUFAが溶け出し、ミトコンドリアによる代謝が始まります。
    前述の通りPUFAの代謝の過程でアルデヒドが副産物として生成され、炎症の原因になります。
    つまり糖質が不足すると健康を害する原因になるということです。
    糖質の摂取としては、穀物や芋類のデンプン質によることが多いですが、その一部は消化されず微少な粒子となってリーキーガットの原因となったり、微細粒子のため直接血液中に侵入し毛細血管を詰まらせたりします。
    一方で、果糖はPUFAの代謝サイクルを止め、正常な糖(ブドウ糖/グルコース)の代謝サイクルに戻す働きがあります。
    したがって、糖の摂取はデンプン質を避け単糖類や二糖類、つまりはちみつや果物などから適量摂り、糖質OFF/糖質制限は、デンプン質を制限することで行う事が望ましいと言えます。
  • 精製された塩、砂糖、白米などにも注意が必要です。
    精製塩は純粋な塩化ナトリウム(NaCl)であり、摂りすぎは腎臓病等の原因になります。
    ですが、天日干しの海塩や、岩塩には人体に必須のミネラルを多く含み、体に良い食品です。
    白糖は精製された純粋なショ糖(ブドウ糖と果糖が結合した二糖類)です。
    白米はデンプン質を多く含みます。
    白糖や白米は急激に血液中の糖濃度を高め(血糖値スパイク)動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中や糖尿病の原因になるとされています。
    【u29ユニーク】では海塩や岩塩、有機サトウキビから作られたオーガニックシュガー、抗菌作用があり糖の代謝サイクルを正常化するはちみつ、血糖値スパイクを起こさないアガベシロップ、天然のハーブから作られた0カロリーのステビア、腸内の乳酸菌を増やすフラクトオリゴ糖、米はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、かつ農薬などが残留していない有機玄米を使用しています。